スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうはなさない 55

2015/10/21 (水)  カテゴリー/もうはなさない

蓮と共に食堂に入ると、食堂に居た誰もが蓮の姿に色めき立つ。

「何か飲み物買ってくるから、キョーコは先に行ってて。」

周りのざわめきを気にする事なく、蓮はキョーコにそう言うと自販機へと向かう。
このざわめきの根源が自分だと知ってか知らずか、涼しい顔で自販機に向かう蓮を見送るとキョーコは周りの視線を気にしながら先に来ているであろう奏江たちの姿を探した。
その時こちらに向かって手を振る奏江の姿が見えた。

「モー子さん、天宮さんごめんなさい。百瀬さんも・・・・急にいなくなってすみませんでした。」

深々と謝るキョーコはいつものキョーコだった。

「最上さん、大丈夫?ちょっと私調子にのり過ぎちゃったわ、ごめんね。」

心配そうな千織の声に、キョーコは苦笑いする。

「大丈夫。私の方こそ・・・もっとしっかりしないと、天宮さんに申し訳ないわよね。」

事情のわからない逸美は、一体何の話をしているのか検討もつかない様で、頭の中でクエスチョンマークが浮かんでいる。

「そうよ。私が唯一認めてるんだから、もっと自信持ってよね。」
「うん・・・。ありがとう。」

2人の会話を聞きながら奏江は少しほっとしていた。
千織が冗談交じりに過激な発言をするが、それはすべてキョーコに対する些細な仕返しなのだろうが、そこに悪意は感じられない。

「さすがオープンキャンパスだね。ここがこんなにごった返してるの初めて見たよ。」

両手に紙コップを持った蓮がそう言って、話の中に入る。
キョーコは慌てて椅子を引き、蓮に座るように進めた。

「よく言うわ。蓮はほとんどここで昼食取らないじゃない。」
「そうだったかな?ミルクティーで良かったかな。」

――――― 絶対食べに来てないと思う・・・・。

差し出されたカップを受け取りながら、内心キョーコはそう突っ込みたい所をぐっと堪えた。
デートの時はキョーコを気遣い一緒に食事を取るが、社から聞いた話ではほおって置くと、いつまでも食事しないとの事だった。

「何?」
「いえ、べつに・・・・・。」

何か言いたげなキョーコに蓮が反応する。
そんな2人の雰囲気に、逸美は何か感じ取ったのだろう。

「私はそろそろ行くわ。蓮、ちょっといい?」

逸美に呼ばれ、蓮は席を立つと少し離れた場所まで連れてこられた。

「あの娘、蓮の彼女でしょ?」
「そうだけど。」

あっさりと言われ、逸美は複雑な気持ちになる。
だが、その穏やかな表情で蓮がどれ程彼女の事が好きなのか良く分かる。
あんな焦った蓮も、初めて見た。

「でも・・・・あの娘どうして急にいなくなったのかしら?」
「それは・・・・・彼女なりにいろいろ考える所があったんじゃないのかな。俺の彼女だって紹介されたら、あっという間に広まって、大変な事になるかもしれないだろ?」

蓮は卒業したらそれまでだが、キョーコはこの大学に入るかもしれない。
だからキョーコに内緒にして欲しいと先ほど頼まれたのだ。

「でも、私には教えてくれるんだ。」
「逸美は口が堅いだろ?だから、あちこち言いふらす心配もないしね。」
「信用してくれてるんだ・・・。でも、いい事聞いちゃった。これをだしに、論文手伝ってもらおうかしら?」

冗談半分にそう言って笑う。
やはり、こうやって気兼ねなく話している方が良い。
逸美はそんな事を思っていた。

「蓮・・・・あの左の娘には気をつけたほうが良いわよ。」

急に真剣な表情になり、逸美は千織を視線で指す。
蓮と逸美の様子が気になるのか、こちらが見える位置に座っている千織と奏江がちらちらと様子を窺っている。

「たぶんあなたの事好きなんだと思うけど・・・・あの子、曲者よ。彼女がいたって関係ないっていなんて、物騒な事言ってし。」

その言葉に、蓮は苦笑する。
 
「それなら大丈夫だよ、もうひと悶着あったから。」
「そうなの?」

驚く逸美に、蓮は苦笑する。

「今度どうやって知り合ったのかゆっくり聞かせてよね。」
「気が向いたらね。」

こちらを気にするキョーコの視線に、蓮は逸美に別れを告げ戻っていった。



「何話してたんですか?」

戻って来た蓮に聞いたのはキョーコではなく、千織だった。

「彼女の書いてる論文の話でちょっとね。」
「ここで話せば良いのに。」
「ここで話しても君達は分からないだろ?彼女なりに気を使ったんだよ。」

逸美を擁護する言葉に、千織は面白くなさそうに逸美の出て行った扉を見た。

「それで・・・今からどこ見るの?案内するよ。」

蓮の申し出に、3人はパンフレットを見ながら行きたい場所を蓮にそれぞれ告げた。

「敦賀さん、今日はありがとうございました。キョーコ、またね。」
「最上さん、今日は付き合ってもらってありがとう。敦賀さんもありがとうございました。」

奏江と千織は蓮が送って行くと言う申し出を断り、キョーコを残して駅へと向かう。
電車が来るまでまだ時間はあるからと、空いていたベンチに座り一息付くと不思議そうに千織を盗み見する。

「何?私の顔に何かついてる?」

自分の様子を窺う奏江に、千織は不思議そうに訊ねる。

「いや・・・まぁ・・・。あんただったら絶対に敦賀さんの車で送って貰うって言うと思ってたから・・・。」
「私だって空気は読めるのよ。いつもは天然なふりしてるだけで。」
「あっ、そう。」

演劇部だけあって、演技をするのはお手の物なのだろう。

「千織はあの大学行くの?」
「たぶんね。サークルもいろいろあったし、家からもそう遠くないし・・・・・まぁ、受かればの話だけどね。」

確かに、受からなければ話にならない。

「最上さん、もっと自信を持てばいいのにね。」

突然、話を変えた千織。
その言葉は心配そうだった。

「そうね・・・。でも分からなくもないのよね、あれだけできた彼氏がいたら、私だってあんな風になってるかも。」
「確かにそうかもね・・・。付き合うだけでも羨ましいと思ってったけど・・・ああも女子に、しかも美人に囲まれてちゃ、誰だって凹むわよね。」

突然逃げ出したキョーコの行動を思い返し、2人は同情する。

「私もさぁ・・・前までは付き合いたいって思ってたけど・・・敦賀さんってどこか見えない壁見たいなものがあるのよね。」
「見えない壁?」

聞き返す奏江に、千織は頷く。

「誰と話してても紳士的で優しいじゃない。」
「うん。」
「でも、なんていうかなぁ・・・その笑顔が嘘臭いっていうか、笑顔ですべてを覆い隠してる感じ?」
「プッ、それわかるかも。」

奏江もそう感じたことがある。
万人に対して優しいが、それは取って付けた様な笑顔だと思った事がある。

「でしょ?でもね、最上さんに対してだけ、違うのよ・・・。最上さんの前ではちゃんと地を出してるって言うか・・・最上さんが絡むとあの人・・・・怖いし。」

千織はあの時の事を思い出し身震いする。
瞳で人が殺せるくらいストレートに怒りをぶつけてきたのは、キョーコを傷つけたから・・・。

「確かに私も感じたことあるわ。あの人ってキョーコ以外どうでも良いと思ってる節があるわよね。」

奏江は文化祭での事を思い出していた。
後夜祭に残りたいからと、無茶な頼みをしてきたり、自分が不破に余計な事を言ってしまったかもしれないとカミングアウトしたら、その報復とばかりに思わせぶりなキスをされたり・・・。

「「はあ~」」

2人は同時にため息をつく。

「結局の所、敦賀さんって最上さん以外は興味ないんでしょ。そんな人と付き合えるわけないじゃない。今日の百瀬さんだっけ?彼女だって敦賀さんの見た目と、上辺の優しさに騙されてるのよ。そうに違いないわ。」

つい最近まで、自分だって同じだったことを棚に上げ、千織は懇々と奏江にそう話す。
その様子がおかしくて奏江は笑みを浮かべた。

「要するにあれでしょ?キョーコは大変な人と付き合ってるって事よ。」
「そうね・・・。あの人に勝とうなんて・・・不破君も怖いもの知らずよね。」

呆れるような千織の言葉に奏江は苦笑いを浮かべる。
結局、尚は蓮に勝つ事ができなかった事を千織はまだ知らないのだ。

「ねぇ・・・不破君が敦賀さんにやられる所、ちょっと見てみたくない?」

物騒な事を言う千織の言葉に、奏江は知っていてあえて事情を説明しなかった。
それは尚に対するなけなしの誠意だった。

「見てみたいわね。」

絶対血を見るわよね・・・などと物騒なことを言いながら、キョーコのあずかり知らない所で2人は電車を待つ時間を有意義?に過ごした。


To be continued

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。