スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうはなさない 54

2015/09/30 (水)  カテゴリー/もうはなさない

繋いでいるというよりは捕まれているといったほうが正しいかも知れない。
無言のまま、蓮はキョーコを連れて学内を歩いていく。
周りは、蓮が女の子の手を取り歩いていく姿に何事かと好奇の視線を送る。
だが、蓮は気にする事無く歩いていく。
その捕まれた手から、蓮の怒りが伝わってくるようでキョーコは話しかける事もできない。

――――― 光さん達・・・・驚いてたな・・・・・。

蓮がキョーコと付き合っていると言った瞬間、3人とも固まっていた。
その驚きの表情を思い出し、キョーコは聞こえない程度のため息をつく。

――――― やっぱり、私が蓮と付き合ってるって周りから見れば意外なんだ・・・・そうよね・・・私みたいなのが・・・・この人の隣にいるんじゃ似合わないわよね。

自分の腕を捕っている蓮の手に視線を移しながら、キョーコはその手を振り払えなかった。
階段を上がり、たどり着いたのは時計塔の屋上。
先ほど通った場所はからくりのような歯車がたくさんあった事を思い出しす。
どうやらそれは時計の裏側だったのだろう。
未だに手を離さないまま、蓮は床に腰を下ろすとキョーコの腕を引き、無理矢理座らされた。

「それで・・・・どうして今日来る事を黙ってたの?俺に怒られると思ったから?」

その言葉にキョーコは素直に頷いた。
蓮のため息が聞こえる・・・。
きっと呆れられたに決まっている。
もし嫌われたら・・・・そう思うだけで胸の奥が熱くなる。

「俺がキョーコにここに来て欲しくなかったのは・・・キョーコがそんな顔するのを見たくなかったから・・・・。」

そんな顔って今自分はどんな顔をしているのだろう・・・。
思わず、キョーコは自分の頬を両手で隠した。
怒っているのに、そんな可愛い仕草をされると表情が緩んでしまう。
蓮はひとつ咳払いをした。

「学際に連れてこなかったのは、学内にいればさっきみたいに声を掛けられるから、そんなところをキョーコに見せたくなかった。俺が逆の立場だったら絶対に嫌だから・・・さっきみたいに・・・。」

それは光達の事を言っているのだろう。
必死で探して見つけた相手が、楽しそうに異性と話していたら、それは気分のいいものではないだろう。
実際キョーコも、女子大生に囲まれる蓮の姿にを見たくなくて逃げたのだから・・・・。

「それに・・・・俺の彼女だって逸美に紹介しようと思ったら逃げ出すし・・・俺の事拒否されたみたいで・・・・・正直ショックだ。」

ため息交じりの言葉に、キョーコは涙目で蓮を見た。
そんなキョーコの髪を蓮はクシャリと撫ぜる。
なぜキョーコが逃げ出したのか理由は分かってる。
キョーコを不安にさせたのは自分だ・・・・。

「彼女は只の同期で友達だよ。」
「分かってます・・・・・。」
「本当に?」
「分かってますけど・・・・・逸美さんって綺麗だし、性格も良さそうだし・・・・・。」
「でも、俺が好きなのはキョーコだよ。」

その迷いのない言葉に、キョーコは自分がした行動を後悔する。
いつも、真っ直ぐにキョーコに言葉をくれるのに、自分の自信のなさが蓮に切ない顔をさせている。

「うまく言えないんだけど・・・・・あんなふうに綺麗な人たちに囲まれてる蓮を見てたら・・・・胸が苦しくて・・・・・悲しくなってきちゃって。」

キョーコは小さい声でごめんなさいと言いながら、蓮の胸にコツンと頭をもたげた。
そんなキョーコを蓮はそっと抱きしめた。

続きを読む

スポンサーサイト

もうはなさない 53

2015/09/08 (火)  カテゴリー/もうはなさない

あの場所にどうしても居たくなかった。
2人の姿がお似合いで急に居た堪れない気持ちになり逃げ出してしまった。
見学者達の間を走りぬけ、気が付けば自分が何処にいるのか分からない。
キョーコは近くのベンチに座ると大きなため息をついた。

「はぁ・・・・絶対怒ってるだろうな・・・・・・。」

蓮がキョーコを自分の彼女だと紹介しようとしてくれた事は嬉しい。
だが、あの状況で紹介される事がどうしても嫌だった。
親しげに話をする蓮と逸美。
誰がどう見ても、逸美のほうが蓮に似合っている。
奏江が聞けばまた怒られそうだが、心のどこかでそんな不安をいつもキョーコは抱えていた。
携帯が鳴っているが、それは蓮から・・・・・きっと探してくれているのだろう。
あんな風に立ち去った手前、気まずくて顔も合わせづらい。

「でも・・・・モー子さん達と合流しないといけないし・・・・・・。」

そうなれば嫌でも、蓮と顔を合わせる事になるだろう。

「こんなに広くて人も沢山いるのに、どうして会っちゃうかな・・・・・・・。」

これほど、蓮に会うのが嫌だと思ったことはない。

「はぁ・・・・・こんな事なら来るんじゃなかった。」

蓮の言う事を素直に聞いていれば、こんなブルーな気持ちにならなかったのに・・・・。
でも、知ってしまった現実を忘れる事など出来るはずもない。
予想はしていたが、やはり学内で綺麗なお姉さん達と話している姿を改めて見るとショックだった。
選り取り見取りなのに、どうして蓮は自分と付き合っているのかと、また考えてしまう。
だが、いつまでも凹んでいる訳には行かない。
そもそも、オープンキャンパスに来たのだから。

「いつまでもここに居ても仕方なし・・・。」

自分の居場所を確かめる為、キョーコはベンチから立ち上がった。

「キョーコちゃん?キョーコちゃんじゃない!?」

その声の方を向くと、そこには男3人組みが嬉しそうにこちらへとやってくるところだった。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。