スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうはなさない 51

2015/07/08 (水)  カテゴリー/もうはなさない

明かりが付いている家に帰るのは嬉しいが、遅くなった理由を考えるとやはり後ろめたい。
母はバイトだと思ってるので、このまま何食わぬ顔でやり過ごせばいいのだろうが、嘘がすぐ顔に出てしまうキョーコは両手で頬をパンパンと軽く叩くと気合を入れて居間の扉を開けた。

「ただいま・・・・・・・。」
「お帰りなさい・・・・随分遅かったのね。」

出迎えられるのはこれで何度目だろう。
遭難騒ぎがあってから数えるほどではあるがキョーコより先に帰宅する事があった。
だからと言って普通にリビングでTVを見ているわけもなく、仕事をしているのだが、それでもキョーコにしてみれば嬉しい事だった。

「ご、ごめんなさい・・・・・・。」

別に悪い事をしている訳ではないが、まだ母に蓮を紹介していないせいもあるのだろう。
顔がまともに見れない。

「バイトだったの?それともデート?」

咎める訳でもなく、かと言って興味がある訳ではなさそうな口調でそう訊ねられた。
その言葉に、キョーコの顔が引きつる。

「尚くんのお母さんに聞いたのよ。遭難した時、キョーコの彼氏が病院で付きっ切りだったって。帰ってきたときも送ってもらったんでしょ?挨拶くらいさせてほしかったわね。」

帰宅した日は何も言わなかったので送ってもらったことはばれていないと思っていただけに、尚の母親から蓮の話を聞いているとなれば、誤魔化しようもない。

「別に、怒ってる訳じゃないのよ。あなたに偉そうに説教できるような、立派な母親じゃないんだから。」
「お母さん・・・。」
「でも、あなたがお世話になったのなら何かお礼をしないとだめでしょ?今度連れてきなさい。」

それは世間体を気にしての言葉なのか、それとも母親としてなのか、キョーコにはわからなかった。

「わかった。」
「何してる人なの?」

視線は書類を見たままだが、キョーコに興味を持ってくれるだけ前進した方だろう。

「大学4年生。向こうもね、付き合うことになった時にお母さんに挨拶したいって言ってたんだけど・・・・お母さん忙しかったでしょ?だから・・・・・・。」
「そう・・・・ごめんなさいね・・・・。あなたには気を使わせてばかりで・・・・。」

しんみりした空気に、言葉が続かない。
何か違う話題を探しているとふと視界に鞄に入れておいたチラシを見つけた。
キョーコは学校で渡された進路希望の紙と塾のチラシをテーブルに置いた。

「お母さん・・・・・私、進学しようと思ってるんだけど。」
「良いと思うわ、お金の心配ならしなくても大丈夫よ。その為に、今まであなたを犠牲にして働いてきたんだから。」

“犠牲”と言う言葉がキョーコの心に切なく響いた。
次の言葉を捜していると、キョーコの携帯が鳴り出した。
着信表示は蓮・・・・・・。

「彼氏から?今日はもう遅いから早くお風呂入って寝なさい。塾に行くんなら申込書貰ってきなさい。人気のある塾はすぐにいっぱいになるから、早めに申し込みしないとだめよ。」

母に追い立てられ、キョーコは部屋への階段を駆け上がった。

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。