スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうはなさない 50

2015/06/17 (水)  カテゴリー/もうはなさない

次の舞台は何にするかなど、ミーティングをする為に集まった部室で、今や遅しとチャイムがなるのを待っていたキョーコは、ふと先ほどの光との会話を思い出していた。

「ねぇ、モー子さんは進路とかもう決めてる?」

まだ、3年になって1週間余り・・・・。
進路を決めている子は2年の時点で決めているだろうが、何も決めていない人たちもそろそろ将来の事を真剣に考えはじめる頃だろう。

「私は、出来れば演劇の出来る大学に行きたいのよね。お芝居続けたいし。」
「そっか。」

奏江はもう、やりたい事をちゃんと見つけているのだ。
そう考えると、少し焦ってしまう。

「琴南さんは大学でも芝居続けるんだ。」

突然話に入って来たのは、天宮だった。

「そのつもりだけど・・・・千織は?」
「私もお芝居続けたいんだけどね・・・・親がそれなりに名のある大学へ行けってうるさいの。最上さんは?」

突然話を振られ、キョーコはとっさに答えられない。

「進学するつもりだけど・・・・まだ・・・決めてないんだ。」
「だったらさぁ、一緒に明泉大に見学に行ってみない?」

突然の誘いにキョーコは驚く。
千織とは、あの事件以来なんだかんだで仲良く?なった。
好きな人が一緒ならそれなりに趣向も似ていてもおかしくはないだろうが、奏江は当初仲良くなる事には反対だった。

『あんたは人が良すぎなのよ!?下手すりゃ別れてたかも知れないのに。』

“昨日の敵は今日の友”にしてしまったキョーコの人の良さに奏江は呆れていた。

「最上さん、頭良いでしょ。まだどこかも決めてないんなら行ってみない?私の友達はみんな就職組だから大学の見学に行く人いないのよね。」

お願いと、強引に頼まれキョーコも無下に断る事もできない。
だが、蓮の大学に行ってもいいものなのかとキョーコは悩む。

「だったら私も行こうかしら。何だか面白そうだし。」
「それじゃ、来月にオープンキャンパスがあるから一緒に行きましょ。またメールするから。」

嬉しそうにそう言って、千織は後から来た友達の所に行ってしまった。

「モー子さん・・・・敦賀さんに話した方が良いかな?」

部活の帰り、千織の誘いを少し後悔しながら奏江にそう訊ねた。
やはり蓮の大学に行く事は気が引ける。
もし、自分が思っていた事が本当だったらかなりショックだ。
まさか、蓮に限ってそんな事を思っているとは思えないが・・・・。

「そうね・・・・・話してみれば?案外案内してくれるかもよ。」
「そうかな・・・。でも、学際に来て欲しくなさそうだったし・・・・迷惑かもしれないでしょ?」
「キョーコの頼みを断るくらい、本当にたいした学際じゃなかったんじゃないの?気にする事ないわよ。」

キョーコにはそう言ったものの、奏江は内心別のことを考えていた。
先ほどキョーコから聞いた蓮の大学での様子からして、蓮はキョーコに知られたくないのだろう・・・自分が大学でモテている事を。
いらぬ心配をさせたくないのが本音だろう。

「やっぱり、黙ってた方が良いかもね。」

突然,奏江は意見を翻した。
蓮がキョーコの事を心配しての事なら、考えられるのは只ひとつ。
それは、蓮の彼女だといえば、キョーコに被害が及ぶかもしれないと察したからだろう。

「どうして?」

そんな事とは思いもしないキョーコは、不思議顔で奏江を見る。

「黙って行って、驚かせるのも面白いじゃない?あの敦賀さんの驚く顔って想像できないし。」
「確かに・・・。でも怒られないかな・・・・。」
「キョーコだって、本当は行ってみたいんでしょ?」

誰だって好きな人の事ならどんな事でも知りたいと思うだろう。
好きな人が通う学校を見てみたいと思うのは当たり前の事。
そんな奏江の言葉に、キョーコは素直に頷いた。

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。