スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうはなさない 55

2015/10/21 (水)  カテゴリー/もうはなさない

蓮と共に食堂に入ると、食堂に居た誰もが蓮の姿に色めき立つ。

「何か飲み物買ってくるから、キョーコは先に行ってて。」

周りのざわめきを気にする事なく、蓮はキョーコにそう言うと自販機へと向かう。
このざわめきの根源が自分だと知ってか知らずか、涼しい顔で自販機に向かう蓮を見送るとキョーコは周りの視線を気にしながら先に来ているであろう奏江たちの姿を探した。
その時こちらに向かって手を振る奏江の姿が見えた。

「モー子さん、天宮さんごめんなさい。百瀬さんも・・・・急にいなくなってすみませんでした。」

深々と謝るキョーコはいつものキョーコだった。

「最上さん、大丈夫?ちょっと私調子にのり過ぎちゃったわ、ごめんね。」

心配そうな千織の声に、キョーコは苦笑いする。

「大丈夫。私の方こそ・・・もっとしっかりしないと、天宮さんに申し訳ないわよね。」

事情のわからない逸美は、一体何の話をしているのか検討もつかない様で、頭の中でクエスチョンマークが浮かんでいる。

「そうよ。私が唯一認めてるんだから、もっと自信持ってよね。」
「うん・・・。ありがとう。」

2人の会話を聞きながら奏江は少しほっとしていた。
千織が冗談交じりに過激な発言をするが、それはすべてキョーコに対する些細な仕返しなのだろうが、そこに悪意は感じられない。

「さすがオープンキャンパスだね。ここがこんなにごった返してるの初めて見たよ。」

両手に紙コップを持った蓮がそう言って、話の中に入る。
キョーコは慌てて椅子を引き、蓮に座るように進めた。

「よく言うわ。蓮はほとんどここで昼食取らないじゃない。」
「そうだったかな?ミルクティーで良かったかな。」

――――― 絶対食べに来てないと思う・・・・。

差し出されたカップを受け取りながら、内心キョーコはそう突っ込みたい所をぐっと堪えた。
デートの時はキョーコを気遣い一緒に食事を取るが、社から聞いた話ではほおって置くと、いつまでも食事しないとの事だった。

「何?」
「いえ、べつに・・・・・。」

何か言いたげなキョーコに蓮が反応する。
そんな2人の雰囲気に、逸美は何か感じ取ったのだろう。

「私はそろそろ行くわ。蓮、ちょっといい?」

逸美に呼ばれ、蓮は席を立つと少し離れた場所まで連れてこられた。

「あの娘、蓮の彼女でしょ?」
「そうだけど。」

あっさりと言われ、逸美は複雑な気持ちになる。
だが、その穏やかな表情で蓮がどれ程彼女の事が好きなのか良く分かる。
あんな焦った蓮も、初めて見た。

「でも・・・・あの娘どうして急にいなくなったのかしら?」
「それは・・・・・彼女なりにいろいろ考える所があったんじゃないのかな。俺の彼女だって紹介されたら、あっという間に広まって、大変な事になるかもしれないだろ?」

蓮は卒業したらそれまでだが、キョーコはこの大学に入るかもしれない。
だからキョーコに内緒にして欲しいと先ほど頼まれたのだ。

「でも、私には教えてくれるんだ。」
「逸美は口が堅いだろ?だから、あちこち言いふらす心配もないしね。」
「信用してくれてるんだ・・・。でも、いい事聞いちゃった。これをだしに、論文手伝ってもらおうかしら?」

冗談半分にそう言って笑う。
やはり、こうやって気兼ねなく話している方が良い。
逸美はそんな事を思っていた。

「蓮・・・・あの左の娘には気をつけたほうが良いわよ。」

急に真剣な表情になり、逸美は千織を視線で指す。
蓮と逸美の様子が気になるのか、こちらが見える位置に座っている千織と奏江がちらちらと様子を窺っている。

「たぶんあなたの事好きなんだと思うけど・・・・あの子、曲者よ。彼女がいたって関係ないっていなんて、物騒な事言ってし。」

その言葉に、蓮は苦笑する。
 
「それなら大丈夫だよ、もうひと悶着あったから。」
「そうなの?」

驚く逸美に、蓮は苦笑する。

「今度どうやって知り合ったのかゆっくり聞かせてよね。」
「気が向いたらね。」

こちらを気にするキョーコの視線に、蓮は逸美に別れを告げ戻っていった。

続きを読む

スポンサーサイト

もうはなさない 54

2015/09/30 (水)  カテゴリー/もうはなさない

繋いでいるというよりは捕まれているといったほうが正しいかも知れない。
無言のまま、蓮はキョーコを連れて学内を歩いていく。
周りは、蓮が女の子の手を取り歩いていく姿に何事かと好奇の視線を送る。
だが、蓮は気にする事無く歩いていく。
その捕まれた手から、蓮の怒りが伝わってくるようでキョーコは話しかける事もできない。

――――― 光さん達・・・・驚いてたな・・・・・。

蓮がキョーコと付き合っていると言った瞬間、3人とも固まっていた。
その驚きの表情を思い出し、キョーコは聞こえない程度のため息をつく。

――――― やっぱり、私が蓮と付き合ってるって周りから見れば意外なんだ・・・・そうよね・・・私みたいなのが・・・・この人の隣にいるんじゃ似合わないわよね。

自分の腕を捕っている蓮の手に視線を移しながら、キョーコはその手を振り払えなかった。
階段を上がり、たどり着いたのは時計塔の屋上。
先ほど通った場所はからくりのような歯車がたくさんあった事を思い出しす。
どうやらそれは時計の裏側だったのだろう。
未だに手を離さないまま、蓮は床に腰を下ろすとキョーコの腕を引き、無理矢理座らされた。

「それで・・・・どうして今日来る事を黙ってたの?俺に怒られると思ったから?」

その言葉にキョーコは素直に頷いた。
蓮のため息が聞こえる・・・。
きっと呆れられたに決まっている。
もし嫌われたら・・・・そう思うだけで胸の奥が熱くなる。

「俺がキョーコにここに来て欲しくなかったのは・・・キョーコがそんな顔するのを見たくなかったから・・・・。」

そんな顔って今自分はどんな顔をしているのだろう・・・。
思わず、キョーコは自分の頬を両手で隠した。
怒っているのに、そんな可愛い仕草をされると表情が緩んでしまう。
蓮はひとつ咳払いをした。

「学際に連れてこなかったのは、学内にいればさっきみたいに声を掛けられるから、そんなところをキョーコに見せたくなかった。俺が逆の立場だったら絶対に嫌だから・・・さっきみたいに・・・。」

それは光達の事を言っているのだろう。
必死で探して見つけた相手が、楽しそうに異性と話していたら、それは気分のいいものではないだろう。
実際キョーコも、女子大生に囲まれる蓮の姿にを見たくなくて逃げたのだから・・・・。

「それに・・・・俺の彼女だって逸美に紹介しようと思ったら逃げ出すし・・・俺の事拒否されたみたいで・・・・・正直ショックだ。」

ため息交じりの言葉に、キョーコは涙目で蓮を見た。
そんなキョーコの髪を蓮はクシャリと撫ぜる。
なぜキョーコが逃げ出したのか理由は分かってる。
キョーコを不安にさせたのは自分だ・・・・。

「彼女は只の同期で友達だよ。」
「分かってます・・・・・。」
「本当に?」
「分かってますけど・・・・・逸美さんって綺麗だし、性格も良さそうだし・・・・・。」
「でも、俺が好きなのはキョーコだよ。」

その迷いのない言葉に、キョーコは自分がした行動を後悔する。
いつも、真っ直ぐにキョーコに言葉をくれるのに、自分の自信のなさが蓮に切ない顔をさせている。

「うまく言えないんだけど・・・・・あんなふうに綺麗な人たちに囲まれてる蓮を見てたら・・・・胸が苦しくて・・・・・悲しくなってきちゃって。」

キョーコは小さい声でごめんなさいと言いながら、蓮の胸にコツンと頭をもたげた。
そんなキョーコを蓮はそっと抱きしめた。

続きを読む

もうはなさない 53

2015/09/08 (火)  カテゴリー/もうはなさない

あの場所にどうしても居たくなかった。
2人の姿がお似合いで急に居た堪れない気持ちになり逃げ出してしまった。
見学者達の間を走りぬけ、気が付けば自分が何処にいるのか分からない。
キョーコは近くのベンチに座ると大きなため息をついた。

「はぁ・・・・絶対怒ってるだろうな・・・・・・。」

蓮がキョーコを自分の彼女だと紹介しようとしてくれた事は嬉しい。
だが、あの状況で紹介される事がどうしても嫌だった。
親しげに話をする蓮と逸美。
誰がどう見ても、逸美のほうが蓮に似合っている。
奏江が聞けばまた怒られそうだが、心のどこかでそんな不安をいつもキョーコは抱えていた。
携帯が鳴っているが、それは蓮から・・・・・きっと探してくれているのだろう。
あんな風に立ち去った手前、気まずくて顔も合わせづらい。

「でも・・・・モー子さん達と合流しないといけないし・・・・・・。」

そうなれば嫌でも、蓮と顔を合わせる事になるだろう。

「こんなに広くて人も沢山いるのに、どうして会っちゃうかな・・・・・・・。」

これほど、蓮に会うのが嫌だと思ったことはない。

「はぁ・・・・・こんな事なら来るんじゃなかった。」

蓮の言う事を素直に聞いていれば、こんなブルーな気持ちにならなかったのに・・・・。
でも、知ってしまった現実を忘れる事など出来るはずもない。
予想はしていたが、やはり学内で綺麗なお姉さん達と話している姿を改めて見るとショックだった。
選り取り見取りなのに、どうして蓮は自分と付き合っているのかと、また考えてしまう。
だが、いつまでも凹んでいる訳には行かない。
そもそも、オープンキャンパスに来たのだから。

「いつまでもここに居ても仕方なし・・・。」

自分の居場所を確かめる為、キョーコはベンチから立ち上がった。

「キョーコちゃん?キョーコちゃんじゃない!?」

その声の方を向くと、そこには男3人組みが嬉しそうにこちらへとやってくるところだった。

続きを読む

もうはなさない 52

2015/08/06 (木)  カテゴリー/もうはなさない

重い足取りで歩くキョーコに対し、千織は楽しそうにキョーコたちを急かす。

「最上さん、琴南さん早く早く!?」

結局、蓮にオープンキャンパスに行く事を言いそびれてしまった。
もし、学内で会ったらなんと言えばいいのだろう。
話せば来ないで欲しいと言われそうで、結局言い出せなかった。

「千織、テンション高いわね。」
「だって、大学よ!?来年からここで過ごすって考えただけでもドキドキしちゃう。」

まだ受かってもいないのに、千織はこの大学に来る気満々の様子。
広い学内を、さきほど受付で貰ったパンフを手に歩いていく。
キョーコ達のほかにも、ちらほら高校生が見学に来ているようだった。
普段の大学とは違い、学生よりも高校生が多く校内の説明をする為に学生達も借り出されているようだった。

「キョーコ・・・・・そんな顔しないの。」
「だって・・・・まさか今日なんて・・・・・。」

今日蓮が大学に行くと言っていただけに、キョーコはヒヤヒヤ、ビクビクしていた。

「こんなに広いんだし、人も多いし大丈夫よ。それに会ったとしても怒らないわよ。」
「そうかな・・・・・・。」

心配そうな顔で奏江に言葉を返す。

「最上さん、敦賀さんに今日の事言わなかったの?」

振り返りながら千織はそう訊ねる。

「言わなかったって言うか、言いそびれたって言うか・・・・。」
「そうなんだ。まぁ、会えたら会えたで案内してくれないかしら。」

自分ごとのようにテンションをあげる千織を奏江は睨んだ。

「あんたね・・・まさかと思うけど、まだ敦賀さんの事狙ってるの?」

奏江の凄む言葉に、千織は肩をすくませる。

「まさか。もうとっくに諦めたわよ。だって・・・・。」

あの時、どれ程蓮がキョーコの事を好きなのか垣間見た。
それを見せられたら、諦めるしかないだろう。

「だって、何よ?」
「だって、あんな事見せ付けられたら・・・。」
「は、早く行かないと・・・大学は広いから回りきれないかも知れないいわよ。模擬授業とかも見たいし早く回らないと。」

慌てるように千織の言葉を遮ると、キョーコは奏江と千織の腕を組んで歩き始める。
その様子に、千織はこっそり笑った。
奏江には何があったのか詳しく話してはいない。
千織の目の前でキスされたなどと、恥ずかしくて言えなかった。
慌てるキョーコの態度に、何か話されていない事があると感じ取った奏江だったが、丸く収まった話を蒸し返すのもどうかと思い直して追求を諦めた。

「早く行くのはいいけど・・・。」

さっきの動揺で、きっとキョーコは蓮に会うかもしれないと言う事がすっかり抜け落ちてしまったのだろう。
それならそれで気づかせない方が良いかと奏江は思い直し、パンフレットを読み返す。

「それじゃ、どこから周る?」

3人で顔をつき合せ、時間が固定されている物を優先しながら周る順路を決めると歩き始めた。
しばらくキョロキョロしながら歩いていた3人だったが、千織が突然立ち止まった。

「天宮さん?どうかしたの?」

突然立ち止まった千織を心配してキョーコはそう訊ねる。
だが、千織の視線は先方を見ている。
何を見ているのかと、キョーコは気になり視線をそちらに移す・・・・。
その先には、遠巻きに女子が誰かを囲んでいて、その中心には綺麗な女性とその友達なのか数人となにやら話し込んでいる蓮の姿があった。

続きを読む

もうはなさない 51

2015/07/08 (水)  カテゴリー/もうはなさない

明かりが付いている家に帰るのは嬉しいが、遅くなった理由を考えるとやはり後ろめたい。
母はバイトだと思ってるので、このまま何食わぬ顔でやり過ごせばいいのだろうが、嘘がすぐ顔に出てしまうキョーコは両手で頬をパンパンと軽く叩くと気合を入れて居間の扉を開けた。

「ただいま・・・・・・・。」
「お帰りなさい・・・・随分遅かったのね。」

出迎えられるのはこれで何度目だろう。
遭難騒ぎがあってから数えるほどではあるがキョーコより先に帰宅する事があった。
だからと言って普通にリビングでTVを見ているわけもなく、仕事をしているのだが、それでもキョーコにしてみれば嬉しい事だった。

「ご、ごめんなさい・・・・・・。」

別に悪い事をしている訳ではないが、まだ母に蓮を紹介していないせいもあるのだろう。
顔がまともに見れない。

「バイトだったの?それともデート?」

咎める訳でもなく、かと言って興味がある訳ではなさそうな口調でそう訊ねられた。
その言葉に、キョーコの顔が引きつる。

「尚くんのお母さんに聞いたのよ。遭難した時、キョーコの彼氏が病院で付きっ切りだったって。帰ってきたときも送ってもらったんでしょ?挨拶くらいさせてほしかったわね。」

帰宅した日は何も言わなかったので送ってもらったことはばれていないと思っていただけに、尚の母親から蓮の話を聞いているとなれば、誤魔化しようもない。

「別に、怒ってる訳じゃないのよ。あなたに偉そうに説教できるような、立派な母親じゃないんだから。」
「お母さん・・・。」
「でも、あなたがお世話になったのなら何かお礼をしないとだめでしょ?今度連れてきなさい。」

それは世間体を気にしての言葉なのか、それとも母親としてなのか、キョーコにはわからなかった。

「わかった。」
「何してる人なの?」

視線は書類を見たままだが、キョーコに興味を持ってくれるだけ前進した方だろう。

「大学4年生。向こうもね、付き合うことになった時にお母さんに挨拶したいって言ってたんだけど・・・・お母さん忙しかったでしょ?だから・・・・・・。」
「そう・・・・ごめんなさいね・・・・。あなたには気を使わせてばかりで・・・・。」

しんみりした空気に、言葉が続かない。
何か違う話題を探しているとふと視界に鞄に入れておいたチラシを見つけた。
キョーコは学校で渡された進路希望の紙と塾のチラシをテーブルに置いた。

「お母さん・・・・・私、進学しようと思ってるんだけど。」
「良いと思うわ、お金の心配ならしなくても大丈夫よ。その為に、今まであなたを犠牲にして働いてきたんだから。」

“犠牲”と言う言葉がキョーコの心に切なく響いた。
次の言葉を捜していると、キョーコの携帯が鳴り出した。
着信表示は蓮・・・・・・。

「彼氏から?今日はもう遅いから早くお風呂入って寝なさい。塾に行くんなら申込書貰ってきなさい。人気のある塾はすぐにいっぱいになるから、早めに申し込みしないとだめよ。」

母に追い立てられ、キョーコは部屋への階段を駆け上がった。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。